中心となるキャラは、ヒーローの雪野今日子。

By | 2016年10月16日

あたいが本日紹介させてもらうのは相原実貴インストラクターの「SOBAD!」という作品だ。

中学校の時分、自分で買ったアニメで図解も私の好きだったのでさんざっぱらお気に入りです。

 

中心となるキャラは、ヒーローの雪野今日子。

心中が良くて美人だが対人誘因が下手で友達のいない女子高中継。

カラダを乱した女性の代わりに連城実家にハウスキーパーとして向かうこととなる。

今日子が女性のひっくり返りにハウスキーパーとし伺う連城実家の長男 連城環。

今日子が相手方視やる姿も心中も良く、ひときわ知人からの人望も厚い人気。

連城実家の次男 連城美人。

うまくてサッカーが上手で、母親にモテモテで少しチャラパパなキャラ。

人から何でも行える環に引け目を感じている。

最後に連城実家の三男 連城湛。

いなせでわがままだけど、本当は素直になれないだけの男子。

誰かのあったかい愛を求めている。

 

物語はこういう4輩を中心に展開される恋愛内容。

ヒーロー 今日子は、留学を通じて覇者の流れをすすむことを目標に極めつけ中継(スチューデント・オブ・ジ・イヤー)ににかけていた。

そちらへ人よりも記録優秀な連城環が生じ、今日子は相手方視するように上る。

そんな時、ハウスキーパーの仕事をしていた女性がカラダを乱し今日子は頼みこまれ渋々女性の代わりにハウスキーパーの仕事をすることになった。

その実家というのが連城家である。

ハウスキーパーの仕事をしているうちに兄妹3人のキャラを知って出向く、その中で恋愛や身寄りの経験などを分かりザクザク物語は展開して行く。

 

何都度読んでも目を引き、全6巻まるごと読んで仕舞う程の面白さだ!

正邪みなさんも読んでみてください。新姦コンパ子種の漫画はリリックボックスの注目漫画